ハーバー紹介

松島ヨットハーバーは昭和27年宮城県で国体が開催された時に県営のヨットハーバーとして誕生し、県内で一番の歴史のあるハーバーです。日本三景松島の中心に位置し、松島の地名の由来になった雄島に抱かれています、五大堂・雄島・福浦島が目の前にあり、四方を島や丘に囲まれて年間を通して穏やかな港です、利用しているメンバーは日本で初めて “世界で最も美しい湾クラブ”に加盟した風光明美な湾内でセーリングなどを楽しんでいます。
ハーバーの建物は敷地に沿ってきれいにカーブし、周囲の景観にマッチした全て木造の建築で、建築界では有名なデザインの建物です.。

また、この場所は東北のヨット発祥の場所で、昭和13年5月東北帝国大学学生有志により東北水域初のヨット2隻が松島湾に浮びました。同年9月各界の後援による新艇6隻を加え東北ヨット協会の発会式が元パークホテル前の海面で行われ,本多光太郎総長等の試乗がありました。
松島グリーン広場にその石碑があります。




主に下記の団体が利用し、活動しており松島ヨットハーバー委員会を組織しています。

・ 松島外洋ヨットクラブ  (クルーザー)
・ 松島ヨットクラブ     (ディンギー)
・ レザー仙台フリート
・ 松島シーカヤッククラブ
・ 宮城県第一高等学校ヨット部
・ 宮城県塩釜高校ヨット部
・ 東北学院大学クラブ連合会ヨット部

松島ハーバー委員会 連絡先

事務局 佐々木(080-1668-2424)

    本田(090-8924-1116)

 

 421 total views,  1 views today

タイトルとURLをコピーしました